採用支援システムについて詳しくお教えします

採用支援システムとは、企業が求人をする場合の求人票作成をはじめ、応募情報のデータ管理、選考の進歩管理、応募者のフォローなど人事担当者がする様々な事務手続きをシステム化したものを言います。優秀な人材確保はどの業界でも苦心しているでしょうが、欠員が出たり、事業を拡張した場合求人案内を早急に出す必要があります。同じ会社でも配属先やキャリア、職種により待遇は異なり、求人票の書き方も煩雑となります。ハローワークで規定された求人票では細かな制約などもあり、書き方にはそれなりのスキルが要りますね。即戦力が要求される場合には、ハローワークに寄せるだけでは待っていられません。同時に広告やインターネットでも配信することが効率的でしょう。採用管理システムならスムーズにそれができるのです。

データを一元化して、求人のスタンバイ

採用支援のシステムは、煩雑な採用業務のデータを一元化し、可視化できるメリットを持っています。SNS経由でのソーシャル採用もできることや、求人を出してからの選考状況や応募者への対応等も適切に行うことができます。また、採用において発生する業務をアウトソーシングサービスで解決できるのでとても便利だと思います。個人情報の保護はもちろん人事体制作りに関する問題にも特化しているため、企業が抱える悩みもカウンセリングし解決してくれるのです。まさに鬼に金棒といった感じですよね。それによって人と企業のミスマッチを防ぐことも可能となるのです。常に慢性的な人手不足に悩む企業にとって、採用支援システムの力はとても大きなものと言えるでしょう。一元化されたデータがあればスタンバイも完了ですよね。

企業形態に合ったシステム管理のすごさ

採用支援システムのすごさは、多くの店舗を経営する企業形態に合わせ採用ホームページを開設・更新できたり、常勤、パート、アルバイト別の求人内容など、応募者の情報を選別し面接プロセスを可視化してくれるのです。操作方法も簡単です。応募者の属性や応募経路のデータが明確にわかり、応募者個々への案内や質問に対しメールを配信できます。採用管理システムは42ほどのサービス内容があり、応募者と企業を効率的につないでいます。昔のように入社したら定年まで働く時代ではなくなりましたが、できれば長く勤めていられた方が何かとメリットが多い気がします。企業と応募者が互いに理解し契約を交わし、相性が上手くいき人間関係を結ぶ車輪が順調に回ることで企業は大きく発展するのでしょう。

主婦やシニア世代の求職者が重視している勤務地の情報をみることができるサービスがあります。近所の求人を検索できるシステムです。 訪日外国人に満足してもらう為の対応できるスタッフ募集にも自信があります。 ポイントと電子マネー付与による成功報酬型の人材採用サービスで求人媒体のコストを削減することができます! 店舗へは通知メールでお知らせしやる気ある応募者を逃しません。 導入社数No.1の採用支援システムは【リクオプ】