採用支援システムのメリットについてのまとめ

採用活動は企業にとって重要でありながら、コストしかかからないこともあり、大事に扱いたいけど、扱いすぎると費用がかかるということで、その扱いが難しいものとされています。そうした企業のために効率的に、それでいて最大の効果を発揮するのが採用支援システムです。採用支援システムを使うメリットとしては、色々なものがあります。求人をこれからスタートさせる場合やスタートし、いくつかの過程を経て採用に至る場合、その年の採用活動で知りえたことを来年、再来年に活かしていく場合、今後のノウハウとして蓄えて生きたい場合など、採用支援システムを導入することで役に立つことがたくさんあります。具体的にどのようなメリットがあるのか、あらかじめ知っておくことが大切です。

求人活動での面倒なことがなくなる

求人活動を行う場合、ホームページなどを開設する場合にはメールアドレスを新設し、そこに応募してもらうようお願いするということをしたり、そのアドレスを通じてやり取りを行うということをしたりします。しかし、普通に開設しても、更新の仕方がよくわからないことや、そのアドレスに迷惑メールが届くということが起きます。採用支援のシステムでは、応募ページなども作ることができるため、一元的な管理だけでなく、メールアドレスを新設する必要もなく、システムを通じての応募となります。そのため、セキュリティ面でも安心して利用することが可能です。受付の事務作業も色々と面倒ですが、様々な応募経路を一元化、一まとめにすることでこうした事務作業を省略していくこともできるようになります。

現在の選考状況も一目瞭然でわかりやすい

採用活動をしている場合、これだけの人数は確保したいというものを先に決めて活動を始めるケースがほとんどです。その際、選考状況を確認することは大変重要ですが、応募段階で何件あるか、書類審査でどれくらいあるか、面接の段階に入ったのは何件かということを知っておくことが必須であり、それを確認したり、報告したりするのがとても面倒です。システムを活用すれば、画面上でこうしたものを瞬時に出すことができ、選考状況が一目瞭然です。そして、どの応募経路が一番優秀なのかというものも出すことができるため、来年からはそこにお金をかけて優秀な人材を集めていくことができるなど、採用活動に関するノウハウをこうしたシステムを通じて習得することができます。無駄にかけてたコストを効果的に使っていくためにも必要です。