採用支援システムのメリットについて分かりやすくお伝えします

採用支援システムのメリットとしては新たな人材を得るための業務をサポートしてくれるものです。以前は人材の確保は自社の人事担当者が行うものでしたが、中立性が保てないことや縁故主義が発生して人材の硬直化を招く可能性があります。このため外部から広く優秀な人材を集めることが求められますが、それを自社だけのノウハウで行うのは難しいもので、そこで採用支援を利用することになります。採用支援では応募から採用管理、また研修などをトータルで行ってくれるもので、人事担当者をサポートして優秀な人材確保を行うことができます。また自社しか見ない人事担当者と異なり他社の人事も見ている採用支援では、より柔軟な人材確保を行うことができるメリットがありますし、自社の人材リソースを節約することができます。

採用支援システムとはなにか。利用するメリット

企業など組織を運営していく上で重要なものが人材の確保です。人材の確保といえば、求人を募集したり、新卒採用を利用するといったことがありますが、これらは採用を希望する人たちを面接して組織にとって必要な人材であるかどうかを判断する必要があります。このため人事採用をするさいには採用する側にとっても相応のスキルが求められますし、採用に至るまでのプロセスも確立しておくことが重要です。これら採用を支援してくれるサービスが採用支援システムです。このサービスでは人材の募集から面接、また採用までの流れをサポートしてくれるものです。メリットとしては自社の人事に関わる人材の確保を最小限にすることができ、社内の人的リソースを節約することができますし、より客観的に人材を確保することができます。

利用する際の注意点と導入費用

採用支援のシステムは大手企業から中小企業、また公的な機関も含めて多くの組織で使われるようになっており、応募受付から選考管理まであらゆる業務を代行してくれます。一方で注意すべきこととしては、セキュリティとコストです。個人情報を扱う業務であるため、情報の管理は厳しく行われる必要があります。このためプライバシーマークや情報セキュリティマネジメントシステムの認定などを受けているものの方が安心できます。また最大のネックとなるのがコストです。事前に自社で独自に採用に掛かる費用を算出し、実際に採用支援を利用した場合にそれらを下回っているかどうかがポイントです。また自社で行うよりも費用が高くても良質の人材が確保できたかどうかも導入するさいのポイントになります。